So-net無料ブログ作成

メッセージ

その他のお部屋のご案内

「Berry’s cafe」(携帯サイト:野いちご 清田花音の名前で公開中)
http://www.berrys-cafe.jp/pc/index.htm


「小春日和別館 日常日記・日々修行です」(アメーバブログ)
http://ameblo.jp/tokotoko-kumasan/

「小春日和 @ Garden」(mixipage)
http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=115373


「PIXIV」(Kanon-Kの名前で公開中)
http://www.pixiv.net/

※「Berry’s Cafe」と「PIXIV」は会員登録制になります。
閲覧の際は各サイトの指示に従ってください。
前の10件 | -

櫻坂第二病院~私の日常日誌~(3) [土曜日の長いお話]

-1年半前 院長室
「あ、あの~(焦)」
「まぁまぁ、そんなに緊張しないの(笑)」
院長室の応接スペースで、私と向山百合子院長がお菓子を挟んで座ってる。一介のフルパートと職場の最高責任者が向かい合わせで座るのは、自分の首が飛ぶときだと思ってたんだけど……
「実はね、あなたにお願いしたいお仕事があるの。」
院長は、私の目の前に一冊の冊子を置く。タイトルは“櫻坂第二病院 職員規則”
「単刀直入に聞くけど、南さんはお化け見える人でしょう(笑)」
「えっ?あ、あの……」
私……というより私の家系は、昔からその世界の方々とは縁のある家だ。よくそんな方が出入りしてたし、協力して住んでいたような感じだし。
「実は私もそうなの。それに、あなたのご家族の事もよく知っているわ。だから、あなたにここに来てもらったの。」
「どういうことですか?」
院長は、コーヒーカップを自分の前に置くと、いきなり「もういいわよ」と言って誰かを呼び込んだ。
「あっ!!!!!!!」
院長の隣にちょこんと座る奴。茶髪でショートヘアの小柄な男。私が忘れたくても“忘れられない存在”がそこにいた。すんごい笑顔で(怒)
「久しぶり(笑)」
「きちんと挨拶しなさい、!」
そういうと、院長は私の前にいるそいつの頭を力ずくで下げさせる。呆然とする私に院長は「うちの息子がご迷惑をかけてごめんなさい。」と……
「こい……」
“こいつ”と言いかけたが、院長の息子。ぐっと言葉を飲み込まないと。
「いいのいいの(笑)うちの馬鹿息子(=永羽)どんな呼びかたしてもいいから。」
「母さん!!」
「永羽から、南さんの事“自分が死んだ後に助けてくれた家の人”って聞いてびっくりして……」
確かに、こいつ……永羽のことを介抱したな~……家族総出で。
かなり泥酔してるし、どっかから落ちたらしくて頭から大量出血しているし、酔いが覚めた後も、自分が死んでる事自覚してなかったから、自覚させるまで大変だったの覚えてるな……。


ぷにっ。
私がイラッっとなる感覚が左頬に広がっていく。その方向へ顔を向けると……
「玲菜ちゃん(笑)」
気づいたら横にいるし(疲)
これにも苦労したな……どっから這い出てくるんだ、こいつは(怒)
「おい、こら(怒)」
「怒んなよ(笑)」
「も~っ!!」
ズリズリ……
院長、片手で息子の首根っこ掴んで引きずってる(驚)
「話できないでしょ!!おとなしく座っときなさい!!」
「は~い(泣)」
すごくかわいい小動物みたいになってる(笑)
めっちゃうける(笑)
「で、本題なんだけど。」
「は、はい(焦)」
「櫻坂第二病院は、あの世の方々を対象とした病院なの。」
「あの世の方が患者……ですか?」
「そう。櫻坂総合病院のあるこの“櫻坂”は、あの世とこの世の境界線にある場所なの。だから、あの世とこの世の住人の行き来が激しい場所でね。」

この場所が境界線?
おじいちゃんが言ってたことと同じ事言ってる……

“櫻坂ハ、境界線ナンジャ。ダカラ、アノ世トコノ世ガスゴク近イ。ダカラ悲シクナイノジャヨ。婆サント離レテモ”

「あの世の住民も、人と一緒で生きるために働いてるの。人と一緒で怪我だって病気だってする。この第二病院は、そんなあの世の住民のために開設された病院なの。南さんは、永羽に触れることができる人、この病院で必要な“スキル”を持っている人だから正職員での勤務をお願いしたいの。」

ということで、この櫻坂第二病院でも働く事になりました。患者さんが人ではないだけにコミュニケーションに悩む事もしばしば。でも、それ以上に困るのは、先生方とのコミュニケーション!!皆さん個性的過ぎるんだよ!!!!いつも振り回される!!とにかく疲れる!!夜はシフトでよかったって実感できるくらい疲れる!!
疲れる疲れる疲れるの!!!!!!!!!!!
ということで、もう時間は5時になりました。櫻坂第二病院診察開始です。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

踊る阿呆にみる阿呆(2) [土曜日の長いお話]


「踊る阿呆にみる阿呆」

この言葉は、ご存じ徳島の風物詩“阿波踊り”のフレーズ。
実は、私……徳島にちょっと馴染ありなんです(在住経験はないけど)
この言葉が意味する事はっきりわからない。けど、この言葉をタイトルに使いたいと思います。
「踊る阿呆にみる阿呆、同じ阿呆なら踊なにゃそんそん」

この言葉に反して、踊らない見続けてるだけの阿呆←この状態が私です。

だめだな……
昔から人の輪の中に飛び込めない性格……

これが恋愛できない原因の一つなんだろうなって思う。
成分表にしたら、5割くらい占めてると思う。
残りは……
3~4割:コミュニケーションがうまく取れない(=これが原因で嫌われるケース有。特にネット内)
1~2割:軽いトラウマ、現実から度々フライアウェイしてる……‥など

自分でこれを書いていて感じてしまった……ひく。

何とかしないといけない。
けど、どうしていいかわからない。

この年になってこれ考えないといけなくなるなんて……自分がどれだけこどもだったんだろうって感じる。

早く「踊る阿呆」の中に飛び込んでいかないと。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

櫻坂第二病院~私の日常日誌~(2) [土曜日の長いお話]

PM4:29 櫻坂総合病院 地下1階

「ふぁ~疲れた……」

解剖室。独特な空気と独特な雰囲気が私を包んでいく。
誰かの解剖が終わり、次の誰かの解剖が始まるまでの準備を終えた私。そんな私に、ふわっとした感覚が駆け巡る。

(……オ願イ……痛イノ……助ケテ……)
「もうすぐ先生がきますので、もう少しお待ちください。」

彼女は、人ではない。数ヶ月前に事故で亡くなり、人ではなくなった存在。私が今いる解剖室は、夜には処置室に変わる。その為、患者さんが“前乗り状態”になっている事もある。

私、南玲菜(30)はこの病院の職員です。昼は非常勤、夜は常勤で医療スタッフのサポートとして勤務してはや4年(昼3年、夜1年)結構ハードです。
ここ“櫻坂総合病院”は、有床数が1000を超える病院です。でも、救急対応はしていません(特別な事がない限り)。ですが、これは人間対応時間での事。これが夜になると一変します。人ではない方々の対応をする夜の時間は救急対応あり。なのでひっきりなしに運ばれてきます。しかも陸海空関係なし、場合よっては次元も関係なしに色々な所から。私が普通じゃない夜の仕事をしているかというと……


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

踊る阿呆にみる阿呆(1) [土曜日の長いお話]


PCでYOUTUBEを起動。
SPECIALOTHERSACOUSTICの曲を流しながら、メイクをする。
今日の気分でかけ曲を決める。RIZEのように激しく鋭い曲をかける時もあれば、東京スカパラオーケストラのようなパーティ並みのアップな曲の日もある。この日は「STEADY」という曲。今度発売されるアルバムの収録曲である。このアルバム欲しいな。そんな気持ちを持て余しながらメイクで顔を着飾っていく。
予定時間5~10分。それくらいの時間で終わらせて出社。

私、32歳。
人生いろいろ考えないといけない女。

仕事に恋愛にプライベートに……自分を見つめなおしてみよう。

そう思って、書き綴るお話
多少オブラートに包みまくったり、フィクションなところも作って綴っていきます。
何でオブラートに包むの?
理由:私が誰かっていう特定をされたくないから。
って言っても、バレると思うけど……その時は内密にしてください、お願いします!

期間は短く、隔週にでもしてみようかな。
色々な方の意見も聞きたいのでいろいろ書き込んでください。
どんなのでもwelcomeです。お待ちしてます。

では、これから少しの間よろしくお願いします。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

櫻坂第二病院~私の日常日誌~(1) [土曜日の長いお話]

-その病院、表裏あり

夕方5時。街は闇に飲み込まれていく時間。人々は家路に着き、疲れを癒しながら眠りについていく頃だろう。それとは入れ替わりに、人には見えない存在達が目を覚ます。彼らだって、人々と同じように生きる為に仕事をしている。デスクワークに励む者、肉体作業に励む者様々である。

-この世界は“表裏一体”

人が眠った後は彼らの世界となり、彼らが眠った後は人の世界になる。よくバッティングする事もあるのだが……
そんな彼らだって怪我をする。仕事中、喧嘩、事故、事件色々。そんな彼らにだって“駆け込み寺”を作らなければと思い、この場所が存在するのである……


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

土曜日の長いお話再開のお知らせ。 [土曜日の長いお話]

お久しぶりです。

土曜日の長いお話を近日中に再開させていただくことにしました。
が・・・今までのタイプと少し違います。

何が違うねんということなんですが……

まず1つ目:二つのお話を掲載します。
1つは、完全にファンタジー系のお話
2つ目は、私自信をモデルにしたフィクション?ノンフィクション?なお話。

お話のご意見ご感想大歓迎です。むしろお願いします(特に2つ目は、私の意見だけでは進まないと思います。)
よろしくお願いします。

2つ目、不定期で交代更新にさせていただきます。
二つのお話を交代に更新させていただきます。
これは、私の更新ペースが理由です。
のろのろ更新になりますのでご了承ください。

では、最初の更新日時はあえて言いません。
いきなり更新しようと思います。時間は、前回同様23時。

では、23時にこちらでお会いしましょう。

ごきげんよう。

清田花音



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

詩(貝合わせ) [詩]

(貝合わせ)


好キ
嫌イ

友達
ライバル

晴レ


甘イ
辛イ

繋ガル
離レル

言葉


身体


すべてが重なっていく
ペアになって重なっていく

この世の言葉の道理は貝合わせ
すべてが対になっていく
この世の道理と同じように
すべてが対になっていく

対になっていく


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

詩(雨) [詩]

(雨)

曇り空
いたたまれない気持ちで眺める

今日は止むことなさそう
たくさんの言葉が雨みたいに降っている

色んな文字の
角張った場所が刺さっていく

隠れる場所はない
そもそも居場所がない
居場所なんてハナから存在しなかった

さ、どうやっていこうか?

この空間の言葉の雨を回避するには…


nice!(0)  コメント(0) 

詩(message for you) [詩]

(message for you)

誤解だらけでごめんなさい
気分を害してしまわれたのですね

言葉足らずで
説明不足で
理解力を持ち合わせていなくて

誠に申し訳ございません


だけど
私はこのドアから出ません

気品も愛想も求める物
何一つ
一欠片も持ち合わせていない
野良猫ですが
貴方のことが好きなのです
その感情を持ち合わせています

一生き物なので
一言で凹みます
その辺の生き物と一緒です
傷つきます

怖くなって
苦しくなってしまいます

私も傷つけてます
優しい貴方を
きっと


見ているものが一部分であっても
それを見れるだけで私は幸せなのです
だけど
もっと深みにはまりたいのです
深い沼に投げ込んでほしいのです

我儘かもしれませんが
貴方の手でもっと引きずり込んでほしいのです
沈めてほしいのです
汚してほしいのです

もしそれが不可能ならば
貴方の手で私を殺してほしいのです

私自らハマりに行っているので
あと少しで沈むと思います
だから
このドアを出ません
貴方の足元で
座っておきます

大好きな貴方へ
こんな私が貴方を好きになってごめんなさい

失礼します




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

詩(軽くなった私は…) [詩]

(軽くなった私は…)

一夜明けた

多量の寝汗で目が覚めた深夜1時から数時間
躰も心も軽くなった

なぜだか分からないが
なんか軽くなった
同時に外耳炎が再発した

私の身体はなんなんだ!
そう叫んだまま笑いたくなった

アホみたいに笑いたくなった
それくらい私は軽くなった


nice!(2)  コメント(0) 
前の10件 | -